スコットランド紀行(6) - ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城(2)

スコットランド(Scotland)観光の第2日の1番目、バルモラル城(Balmoral Castle)で前回の続きです。。バルモラル城内で散策したルートを前回同様にこちらで掲載しておきます。但し、お城のスタッフからの推奨ルートはこちらです。庭園の一部として噴水(⑧、前回参照)がシャッター・ポイントになっていますが、庭園はどちらかというと温室中心です(こちら)。何気なくゴルフコースのような芝(?)…

続きを読む

スコットランド紀行(5) - ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城(1)

スコットランド(Scotland)観光の第2日の1番目は、ロイヤルファミリーが夏の休暇を過ごすバルモラル城(Balmoral Castle)に行きました。ロイヤルファミリーはこの時点で滞在しておられないとの事で、広い庭園内を散策できました(10日後にはエディンバラに1週間滞在されたようです)。バルモラル城内で散策したルートをこちらに掲載しておきます。但し、お城のスタッフからの推奨ルートはこちらで…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(629) - りょうけん座(Canes Venatici)にある渦巻銀河「NGC 4395」

今回の綺麗な銀河・星雲は、りょうけん座(Canes Venatici)にある渦巻銀河(Spiral galaxy)でセイファート銀河(Seyfert galaxies)「NGC 4395」です(こちらとこちらとこちらとこちら)。3つに分けて「NGC4401」、「NGC4400」、「NGC4399」と名付けられています(こちらを参照)。ngc4395.jpg (2250×1500)レモン山天文台(…

続きを読む

スコットランド紀行(4) - ダノター城

スコットランド(Scotland)観光の第1日の3番目は、ダノター城(Dunnottar Castle)でした(こちら)。堅固な守りを誇り、3面は海、1カ所の入り口である城門(こちらとこちら)には日本の城でいう「狭間」(または「銃眼」)のような穴があり(こちら)、城内まではこちらのような急坂のトンネルを抜ける必要があります。この城はスコットランドを舞台とするディズニーのアニメ映画「メリダとおそろ…

続きを読む

美し過ぎる自然の絶景(587) - 香川県(Kagawa Prefecture)・小豆島にある渓谷「寒霞渓(Kankakei)」(3)

今回の美し過ぎる自然の絶景は、香川県(Kagawa Prefecture)・小豆島(Shōdoshima)にある渓谷(Valley)「寒霞渓(Kankakei)」の続きです(こちらとこちらとこちらとこちらとこちらとこちらとこちら)。img_4 (1024×768)img_7 (1024×768)P1010720.JPG (2272×1704)a2ab2210.JPG (3616×2712)abf…

続きを読む

スコットランド紀行(3) - ゴルフの聖地セント・アンドルーズ・オールドコース

スコットランド(Scotland)観光の第1日の2番目は、1552年に作られた世界最古のゴルフ場(セント・アンドルーズ・リンクス、the Links at St Andrews)でも最も古いコースとされる「セント・アンドリュース オールドコース(Old Course at St Andrews)」でした(こちら)。車は直ぐ近くにある「英国ゴルフ博物館(British Golf Museum)」の…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(628) - さそり座(Scorpius, Scorpio)にある銀河系のエリアで、分子雲「IRAS 16562-3959」

今回の綺麗な銀河・星雲は、さそり座(Scorpius、Scorpio)にある銀河系(Milky Way)のエリアで、分子雲(Molecular cloud)「IRAS 16562-3959」です(こちら)。VISTA (Visible and Infrared Survey Telescope for Astronomy)による画像potw1448a.jpg (2640×2637) 

続きを読む

スコットランド紀行(2) - フォース鉄道橋

英国スコットランド(Scotland)観光の第1日の最初は、1890年完成の世界遺産に登録された鉄道橋「フォース橋(Forth Bridge)」でした(こちら)。実際に現在も使われています(こちら)。この建設に当たって日本人が関わっていて、スコットランドで発行している20ポンド紙幣にデザインで印刷しています(こちら。右上の£20部分中央の人物)。uksl_20PoundsBoS2009_b co…

続きを読む

米国への航空機搭乗で、電子機器の手荷物はチェック強化して持ち込み可を継続へ

こちらのNBCニュースによると、米国は欧州から米国への航空機搭乗で持ち込む手荷物で、ラップトップPCなどの電子機器に対して更に禁止条件を増やす計画を延期しているとの事。その代わりに空港と航空会社に対しチェック手続きの強化を求めるようです。安全性の確保と電子機器利用の継続の為、若干のチェック手続きの強化は致し方ないでしょう。 

続きを読む

PM2.5が10日まで首都圏で「注意喚起」レベルになる予測

大気汚染粒子(PM2.5)の状況をシミュレーションによる予測動画を表示する「SPRINTARS」(7月7日朝の予測)によると、PM2.5が10日まで首都圏で「注意喚起」レベルの「非常に多い」状態になります。大気汚染粒子の予測動画ではこちらの様になります。地元での詳細情報・警告に注意しましょう。 

続きを読む

美し過ぎる自然の絶景(586) - 香川県(Kagawa Prefecture)・小豆島にある渓谷「寒霞渓(Kankakei)」(2)

今回の美し過ぎる自然の絶景は、香川県(Kagawa Prefecture)・小豆島(Shōdoshima)にある渓谷(Valley)「寒霞渓(Kankakei)」の続きです(こちらとこちらとこちらとこちらとこちらとこちらとこちら)。sp-025797700s1416475817.jpg (2048×1536)SANY0900.JPG (3264×2448)img_2 (1024×768)siko…

続きを読む

スコットランド紀行(1) - エディンバラ空港とレンタカー

英国への入国はロンドン・ヒースロー空港(Heathrow Airport)経由エディンバラ空港(Edinburgh Airport)で、到着した日は空港近くのホテルに宿泊でした。英国スコットランド(Scotland)旅行の実際の第1日目はレンタカーを借りる所からスタート。前日にレンタカーの窓口の所在を確認していたから良かったものの、日本で受けた確認書にあるレンタカー会社の営業所アドレスが全くの誤…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(627) - さいだん座(Ara)にある輝線星雲「NGC 6188(Rim Nebula)」【改訂】

今回の綺麗な銀河・星雲は、さいだん座(Ara)にある輝線星雲(Emission nebula)「NGC 6188(Rim Nebula、RCW 108)」です(こちらとこちらとこちらとこちら)。中心に輝くのは散開星団(Open cluster)「NGC 6193」です。144166554.P19qk0kK.NGC6188LRGBfullframe3256x2442.jpg (3255×2441)…

続きを読む

スコットランドの気候と新5ポンド紙幣

英国スコットランドの街中で観光する時は、長袖シャツにジャケットという装いでした。幸い前半は観光地に着くと晴れ間ものぞくという(風は強かったですが・・・)気候だった事もあり、少し散策すると汗も出るほどでした。後半は全体的に肌寒く感じる日が多く、降雨のタイミングを気にする天気が続きました。それでもスカイ島やオーバンからエジンバラへの移動時を除いて、期待以上に降雨の無い天気が続いたのはラッキーでした。…

続きを読む