「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサルは高度 12m まで降下

小惑星探査機「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサル(TD1-R3)は、リュウグウへの最接近が日本時間:2018年10月25日 11:38 で、高度は12mまで降下しました。その直前にターゲットマーカを分離しています。【TD1-R3】ターゲットマーカは、探査機の時刻で11:37(JST)に高度約13mで分離されました。また、今回の最下点到達時刻は11:38(JST)で、高度は約12m…

続きを読む

「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサルは成功

都合でリアルタイムの応援ができませんでした。小惑星探査機「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサル(TD1-R3)は成功したようで、既に上昇に転じています。【TD1-R3】10月25日 12:06 JST:探査機が上昇に転じたことが確認されました。最下点付近では、低利得アンテナ(LGA)に切り替わっていましたのでテレメトリは取れていませんが、ドップラデータより探査機の視線方向速度がモニ…

続きを読む

「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサルで、リュウグウまでの距離が500mを切った【改訂】

JAXAのツイートによると、小惑星探査機「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサル(TD1-R3)で、リュウグウまでの距離が500mを切りました。【TD1-R3】10月25日 10:35 JST:リュウグウまでの距離が500mを切りました。— 小惑星探査機「はやぶさ2」 (@haya2_jaxa) 2018年10月25日最下点への到達は10月25日12:00頃の予定ですが、都合でリアル…

続きを読む

"Safe mode"になったチャンドラX線観測衛星が、科学観測をできる状態に

こちらの米国NASAの記事によると、"Safe mode"になったチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)を、新しいジャイロスコープ構成で動作可能にし、科学観測をできる状態にしました。来週は新しいジャイロスコープ構成の性能を微調整する為のデータを収集します。最後にオンボードコンピュータに必要な調整を適用するソフトウェアパッチをアップリンクします。

続きを読む

「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサルで高度 5㎞を切り落下速度を減速

JAXAのツイートによると、小惑星探査機「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサル(TD1-R3)で、高度約4.5㎞に達したので降下速度を10㎝/秒に落としました。【TD1-R3】10月24日 23:40 JST: 高度約4.5kmにて降下速度を秒速40cmから10cmに減速しました。— 小惑星探査機「はやぶさ2」 (@haya2_jaxa) 2018年10月24日JAXAがリアルタイ…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(820) - ろくぶんぎ座(Sextans)にある原始超銀河団「Hyperion proto-supercluster」

今回の綺麗な銀河・星雲は、ろくぶんぎ座(Sextans)にある原始超銀河団(proto-supercluster)「Hyperion proto-supercluster」で(こちら)。ビッグバン(Big Bang)から20億年を経た状態の初期宇宙です。チリの超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)でデータを取得した画像で、白が大量の銀河で青の領域が超銀河団を表していま…

続きを読む

米国NASAが平面・四角形な海氷を撮影【改訂】

地球の海氷・陸氷・雪・永久凍土などの映像を投稿している米国NASAのツイートによると、人工的に平面・四角形へ工作したと思われるような海氷の一つを撮影しました(こちら)。最近氷棚から離れたのではないかとしています。From yesterday's #IceBridge flight: A tabular iceberg can be seen on the right, floating am…

続きを読む

Surface Pen活用(10) - 多機能メモアプリ「OneNote」(9)

マイクロソフト社の多機能メモアプリ「OneNote」で挿入機能を使ってみます。使用するのはSurface Penを使える「Surface GO」(Windows10S)から離れて、デスクトップPC上での「OneNote」(on Windows 8.1)を中心にして、特に拡大した機能について前回の続きです。 デスクトップPC上では、「挿入」タブに「ページ・テンプレート」の追加機能があります(…

続きを読む

花鳥版画の「小原古邨展」を鑑賞

神奈川県にある茅ヶ崎市美術館で開催している「小原古邨展 =花と鳥のエデン=」に行ってきました。小原古邨は、肉筆画の花鳥画を描き活躍をしていましたが、ヨーロッパの日本美術ブームに沿って海外向けの色摺り木版画の下絵を描く事に転進し、海外において特に高い評価を得ています。テレビの美術番組で特集した事もあって、開館早々から混み合い(こちら)、私が退館する昼前には入館前に行列ができていました(こちら)…

続きを読む

探査機「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサルは、10月25日12:00頃に最下点へ

JAXAによる10月23日の運用状況説明会での資料によると、小惑星探査機「はやぶさ2」の第3回目タッチダウン・リハーサル(TD1-R3)の計画は次の通りです。 スケジュール  [高度5㎞到達は10月24日23:00頃、最下点への到達は10月25日12:00頃の予定] 低高度シーケンス 投下するターゲットマーカについて

続きを読む

ハッブル宇宙望遠鏡の"Safe mode"が解決か

米国NASAのこちらの記事によると、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)のジャイロスコープ故障("Safe mode"になり運用を停止)後の対応で、バックアップで再起した後高速回転をし続けていたジャイロスコープが、ハイとローの両モードで正常な動きをしているようです。 バックアップで再起したジャイロスコープは7年半ほど停止していました。地上の運用スタ…

続きを読む

探査機「はやぶさ2」が3回目のタッチダウン・リハーサル(TD1-R3)で降下を開始

こちらのツイートによると、探査機「はやぶさ2」は小惑星「リュウグウ」への3回目のタッチダウン・リハーサル(TD1-R3)で降下を開始しました。今回は特にターゲットマーカの分離を行う予定です。皆さんこんばんは。本日から25日にかけて、3度目のタッチダウンリハーサルを実施します。今回のリハでは、・LRF(レーザ・レンジ・ファインダ)による計測・制御・条件成立後のターゲットマーカ分離・ターゲットマ…

続きを読む

Surface Pen活用(9) - 多機能メモアプリ「OneNote」(8)

マイクロソフト社の多機能メモアプリ「OneNote」で挿入機能を使ってみます。使用するのはSurface Penを使える「Surface GO」(Windows10S)から離れて、デスクトップPC上での「OneNote」(on Windows 8.1)を中心にして、特に拡大した機能について使ってみます。 デスクトップPC上では「リボンの表示オプション」があります。標準は「タブの表示…

続きを読む

Windows PCの最新 Crome 70 ブラウザで「Picture-in-Picture (PiP)」がデフォルトで利用可能に

こちらの投稿によると、Windows PCの最新 Crome 70 ブラウザで「Picture-in-Picture (PiP)」がデフォルトで利用できるようになりました。「Picture-in-Picture (PiP)」によりブラウザ外で小さなウィンドウのYouTube動画を再生できます。実際にChrome 70 でYouTube を見ている(動画が映像開始している)時、右クリック2回を行っ…

続きを読む

グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(370) - インドのマハーラーシュトラ州にある隕石によるクレーター「ロナール・クレーター湖」

グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回はインドのマハーラーシュトラ州(Maharashtra)にある隕石によるクレーター(Impact crater)「ロナール・クレーター湖(Lona…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(819) - 「オリオン座(Orion)」の一部

今回の綺麗な銀河・星雲は、「オリオン座(Orion)」の一部です(こちら)。水素と硫黄から発する光を赤、酸素から放出する光を青緑色としています。 下部の曲線部分は輝線星雲「バーナードループ(Barnard's Loop)」です(こちらを参照)。暗黒星雲「馬頭星雲(Horsehead Nebula)」も小さく見えます(こちらを参照)。オリオン座全体についてはこちらで紹介しています。

続きを読む