AMR臨床リファレンスセンターが、日本国内で頻度が高い薬剤耐性菌による死亡数を推計


国立国際医療研究センター病院 AMR(Antimicrobial Resistance)臨床リファレンスセンター(厚生労働省委託事業)によるプレス・リリースによると、薬剤耐性菌の中でも頻度が高いメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とフルオロキノロン耐性大腸菌(FQREC)について、日本国内でのそれらの菌血症による死亡数を推計しました。



MRSA菌血症による死亡数は2017年には4,224名(95%信頼区間2,769-5,994)、FQREC菌血症による年間死亡数は2017年には3,915名(95%信頼区間3,629-4,189)と推定しています(こちらを参照)。
MRSA、FQREC推定死亡数.png

代表的な薬剤耐性菌による死亡人数なので、他の耐性菌を含めた実人数はもっと多い事になります。



一方、こちらによると、「医療現場での耐性菌増加していて、抗菌薬の開発ペースは落ちている」としています。「耐性菌出現の歴史」についてこちらを参照。




遅ればせながら、我が国でも「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」をこちらのように設定しており、確実に推進して良い成果が出る事を期待したい。

この記事へのコメント