冬のロシア旅行 - エルミタージュ美術館


現在は現地時間 1月20日02:30です。今日・・・ではなく昨日はエルミタージュ美術館で1日を十分に楽しみました。朝から小雨模様で若干強い冷たい風が吹いていましたが、ホテルと美術館(本館と新館)のバスの乗り降りの時だけでしたから、殆ど天気からの影響は無し。



先ず、エカテリーナ2世時代から収集した膨大な美術品のうち、エルミタージュ美術館(本館と言っても、年代により増設した4棟から構成。こちら)では、イタリア・スペイン・オランダ美術の絵画の傑作を中心に、ガイドが(非常に美術に詳しいので)直接解説してくれました。



特に印象に残っているのが、絵画ではなく・・・、時計「孔雀座(Peacock Clock)」でした(こちら)。




新館にも案内されました(こちら)。本館の向かい側に建つ旧参謀本部にあります。



新館ではルノワールやセザンヌなどの印象派絵画などを観ました。マティスの代表作「ダンス」もありました(こちら)。




今日はモスクワでクレムリンと赤の広場観光です。3時間ぐらいの睡眠しかとれない・・・


  

この記事へのコメント