シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(6)


シンプルなブログシステム「Micro.blog」では、プレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成する「Markdown」をサポートしています。複雑な「Markdown」を使う事は「Micro.blog」の本来の趣旨に合いませんが、チョッとした利用はブログを構造化する意味で有効だと思います。今回から幾つかの「Markdown」の記述利用を含めた記事投稿をしています。



先ずリンクの記述の仕方は、

[リンクのテキスト](URL)
   
です。


実際にこちらの記事ページを作り投稿した時、参照ユーザが見える単独ページがこちら





"from"に続くリンクテキストの「我家のIT化」をクリックすると、記事のテキスト及び写真を流用したページにリンクされます。



順序無しのリストの記述の仕方は、

- リスト・アイテム
   ・・・・・・
- リスト・アイテム

です("-"の後ろに空白が必要)。


実際に「日本の島」をテーマとした"今週の4K映像"のページへのリンクをリストにした記事ページがこちらで、参照ユーザが見えるページはこちら






順序付きのリストの記述の仕方は、

1. リスト・アイテム
2. リスト・アイテム

です("."の後ろに空白が必要)。


実際に旅行先トップランキングのページを記事ページとして登録すると(こちら)、参照ユーザが見えるページはこちら






もう少し「Markdown」の利用例を挙げたいと思いますが、次回にします。

この記事へのコメント