UAEの火星探査機「HOPE」を搭載したH-IIAロケット42号機の打上げ【改訂】


アラブ首長国連邦(United Arab Emirates、UAE)の火星探査機「HOPE」を搭載したH-IIAロケット42号機の打上げがあり、第1段ロケットと第2段の正常分離、第2段ロケットの第1回噴射が正常終了しました。

HOPEmission_01_80%.png


HOPEmission_02_80%.png


HOPEmission_03_80%.png



今回は打上げ後50分後ぐらいから2回目の第2段ロケットの数分噴射があり、その後に衛星分離となります。

「HOPE」はal-Amal("the Hope"を意味するアラビア語。Emirates Mars Mission)として、UAEの建国50周年の記念と人材育成・知識ベースへの貢献という大きな目標を持ち、 2021年2月に火星に到着する予定。科学的には火星の下層大気の本格的な観測は新しい知識として貢献しそうです。



第2段エンジンの噴射開始と終了及び衛星の分離が正常に終了しました。これで打上げ成功といえます・・・

HOPEmission_04_80%.png


【改訂】 2020年07月20日 08:00 追記



この記事へのコメント