ベイルートでの大規模な爆発による損害程度を示すマップ


レバノンの首都、ベイルートで大規模な爆発が起きました。米国NASAのARIA(Advanced Rapid Imaging and Analysis)チームがシンガポールの天文台と協働で、衛星データを活用して被害を受けたと思われる程度を示すマップを作成しました(こちら)。



濃い赤は最も損傷を受けた地域、オレンジは中程度、黄色は小程度を示します。各pixelは30mの領域です。欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)も協力しています。

この記事へのコメント