日光旅行 日光金谷ホテル(1)


今回の旅行の切っ掛けが、テレビの美術番組で日光金谷ホテル(公式HPはこちら)を歴史的な建築物として扱っていたから。ですから2日目の最後はホテル内の散策でした。

日光金谷ホテルは明治6年開業の現存する日本最古のリゾートクラシックホテルで、当初は外国人向けを特に意識していたようです。ホテル側もここは良く分っていて館内案内図も用意しています。



さて、こちらの左はホテルの本館エントランス。右は別館です。



本館の横側面を見るとこちらの様に改装の様子が隠せませんが・・・



そしてこちらを見ると、増築を重ねている事も分ります。




別館の正面はこちらで、左側面がこちら






こちらは「竜宮」と呼ぶプール(左、夏季のみ、2020年は武漢肺炎の影響で利用せず)とスケートリンク(右、自然凍結する冬季のみ)です。



背景の建物は休息などに使う所ですが、如何にも・・・という雰囲気があります。



こちらは「バンケットルーム」と呼ばれ、現在は結婚式場などで使われるとの事ですが、当初はダンスホールとしての利用を考慮して木造にも関わらず、広い空間を維持する為に吊り天井という特殊な造りを用いています。



そのロープを収納しているのがこちらなのでしょうか。




次回は日光金谷ホテルの内装などです。

この記事へのコメント