南極の巨大な氷山「Iceberg A-76」が分離


2021年5月に南極の巨大な氷山「Iceberg A-76」がフィルヒナー・ロンネ棚氷(Filchner–Ronne Ice Shelf)から分離しました。地球観測衛星「Sentinel-1」ミッションで撮った画像がこちら



「Iceberg A-76」は 170 km × 25 km (4320 平方km)という大きさ・(広島県の半分ぐらいの)広さです。こちらで紹介している「Iceberg A-74」は 1270 平方kmでした。

上掲ではスペインのマヨルカ島(Majorca)と比較しています。


この記事へのコメント