グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクション(765) - 米国のワシントン州にある活火山「セント・ヘレンズ山」と「スピリット湖」


グーグル地図はある時点の地球の景色をそのまま伝えてくれます。その景色は上空から見ると造型が不思議なものに見えたり、そのものに対する考え方を変えさせるなどの力があります。グーグル地図が捉えた自然とその上の生物・人工物・アクションを載せていきます。今回は米国のワシントン州にある活火山「セント・ヘレンズ山(Mount St. Helens)」と「スピリット湖(Spirit Lake)」(こちら)。


グーグル地図:



セント・ヘレンズ山の1980年5月大噴火の影響で、何千本もの樹の残骸がスピリット湖に浮かびました。当初は湖面の70%を埋め尽くし、40年経った今でもグーグル地図でも分る通りまだ20%程残っています(こちらの記事を参考にしています)。


こちらは地球観測衛星「ランドサット8号(Landsat 8)」が撮った5枚の写真を元に、2018年の春から秋にかけて丸太の集まり(こちら)が移動している様子を示した動画です。



この記事へのコメント