"あ"~"お"で始まる『日本のことわざ』


日本のことわざ

  1. 愛してその悪を知り憎みてその善を知る
    • 意味 愛憎の感情にかられて理性を欠くことなく、物事の善悪、長所短所を冷静に見極めるべきであるという教え。

  2. 言うは易く行うは難し
    • 意味 口で言うのは簡単でだれにでもできるが、いざそれを実行するのは難しい。言うのとおこなうのは別であるということ。

  3. 上には上がある
    • 意味 これが最高と思っていても、さらに優れたものはある。予想外に度を超しているものへの賛嘆、また、うぬぼれや欲望を適度にとどめるようにとの戒めの言葉に使う。

  4. 易者身の上知らず
    • 意味 易者は他人の運命は占うが、自分の運命に関しては全くわからないという意で、他人のことはいろいろわかるが、自分のことになると正しい判断ができないことのたとえ。また、他人を批判するより自分を省みよ、の意味にも用いる。

  5. 老い木に花咲く
    • 意味 一度衰えたものが再び勢いを盛り返すたとえ。単に「老い木に花」ともいう。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック