「アルテミス1号」の打上げで、早ければ17日に正常な充填ができるか修復の確認を予定


アルテミス1号(Artemis 1、Artemis I、Exploration Mission-1)」の現地時間 9月3日(日本時間: 9月4日)に設定された打上げを停止した件で、NASAは移動発射台の液体水素燃料供給ラインとスペース・ローンチ・システム(Space Launch System)をつなぐインターフェース部分の交換作業を終了しました。今後は早ければ17日(土)に正常な充填ができるかの実作業を行い修復の確認をするとしています。更に打ち上げ直前までのプロセスも行うようです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック