出雲地方の旅行記(8) - 足立美術館(1)


第2日の2つ目が「足立美術館(Adachi Museum of Art)」でした。米国の日本庭園雑誌による日本庭園ランキングで、初回から13年連続で庭園日本一を維持している日本庭園と横山大観作品の収蔵数で有名です。

こちらは庭園マップで、各庭園の写真へのリンクもあるので基本省略しますが、そこにない点を補足しておきます。




入場・鑑賞ルートは右の新館・横(新館の下)を抜けて本館正面から入場します。「②苔庭」を3方向から見るように進みます。見る方向によって受ける印象がとても異なります。こちらは②の右から撮った景色です。



庭園マップでリンクを張る「⑤池庭」は茶室「寿楽庵」側から撮っていますが、喫茶室「大観」から撮ったのがこちら




茶室「寿楽庵」にある自然を掛軸の絵にしてしまう「生の掛軸」(こちら)から類推すると、こちらの通路の窓枠から見る景色も額縁に入った風景画とする想いがあるかも知れません。





庭園マップでリンクを張る茶室「③寿立庵」の庭は、茶室利用者だけが見る事ができます。そこに行く脇の庭がこちらこちら





少し長くなったので続きは次回。


 

この記事へのコメント