カナダ紅葉とシカゴの旅(59) - ダウンタウンの屋外アート


シカゴ(Chicago)ダウンタウン巡りでは、歴史的な建物が一つのテーマでしたが、もう一つが屋外アートでした。こちらでチェイスタワー(Chase Tower)にあるマルク・シャガール(Marc Chagall)作の「四季(Four Seasons)」(こちら)を紹介しました。



ミレニアム・パークにある「クラウド・ゲート(Cloud Gate、雲の門)」(こちら)や「Chakaia Booker」の作品群(こちら)もそれらに入りますが、今回はそれ以外の屋外アートを紹介します。





リチャード・J・デイリー・センター(Richard J. Daley Center)にあるピカソ(Pablo Picasso)がシカゴ市に送った彫像「シカゴ・ピカソ(Chicago Picasso)」がこちら




連邦政府センタープラザ(Federal Plaza、Kluczynski Federal Building)にあるアレクサンダー・カルダー(Alexander Calder)作の「フラミンゴ(Flamingo)」がこちら




ブランズウィック・プラザ(Brunswick Plaza)にあるジョアン・ミロ(Joan Miró)作の「ミロのシカゴ(Miró's Chicago、"The Sun, the Moon and One Star")」がこちら




ジェームズ・R・トンプソン・センター(James R. Thompson Center)にあるジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet)作の「起立した野獣へのモニュメント(Monument with Standing Beast)」がこちら




上掲の地点をこちらのGoogle地図にプロットしました。




今回で一連の投稿「カナダ紅葉とシカゴの旅」は最後とします。今後別の旅行記が投稿できる事を願っています。


 

この記事へのコメント