モロッコ旅行(20) - 古都「メクネス(Meknes)」


モロッコ(Morocco)観光の第3日目の最後の観光地は古都「メクネス(Meknes)」でした。古代遺跡「ヴォルビリス(Volubilis、Archaeological Site of Volubilis)」観光の終盤でポツポツと小雨が降りかかっていましたが、メクネスではハッキリとした小雨になっていました。この旅行で観光中に唯一降られた場所になりました。


観光のポイントは、エディム広場(Lahdim Square、El Hedim Square)(こちらこちら)とマンスール門(Bab Mansour Gate、Bab el-Mansour)(こちら)です。






ここだけの観光であったのは残念です。しかし、マンスール門はそのモザイク模様の外装が素晴らしい(こちらこちらこちら)。






所でフェズの陶器工場を見学する事がありました。各種皿などの絵柄を一つづつ手作業で作業分担により製作していました(こちら)。



別の人達がモザイク用のパーツを作っている様子も見る事ができました。やはり先ず模型に沿って形を描き(こちら)、丁寧に削っていきます(こちら)。




出来上がりがこちら



陶器工場でも土産物店を開いていました(こちら)。




第3日目のルートをGoogle地図にしておきます(こちら。実際の道路と若干異なる場合がある)。



 

この記事へのコメント