モロッコ旅行(34) - マラケシュ旧市街(4)


モロッコ(Morocco)観光の第8日目で2つ目の観光地はサアド朝の墳墓群(Saadian Tombs、サアード朝の墳墓群)でした。1917年に発見後に修復しています。サアド朝(Saadi dynasty、サアード朝)の約60人が葬られていて、サルタン「アフマド・アル・マンスール(Ahmad al-Mansur、1603年没)」の墓もあります。


モスク「Moulay El yazid Mosque」(こちら)の横に位置します。




こちらのような落ち着いた雰囲気で、バラが満開になっているのが印象的でした(こちら)。





サルタンとその家族は建物の中に葬られ(こちら)、兵士や使用人は庭になります(こちら)。





ここでの装飾も魅力的です(こちらこちらこちら)。






第8日目に見学した場所をGoogle地図にポイントしておきます(こちら)。




全10日間(観光:8日間)のモロッコ旅行は、ツアー同行者に病気・ケガ人が出ず、予定通りに帰国できました。


こちらで紹介した、同じ緯度にして国の大きさを比べられるサイト「The True Size Of...」を使って、改めて日本とモロッコを比べた所がこちら


数値としては日本:377,972.28平方km(62位)に対してモロッコ:446,550平方km(56位)です。観光地移動をしていて広さを感じました。兎に角モロッコの世界遺産8件のうち6件巡りました。勿論1ヶ所当たりの時間数は十分と言えませんでしたが、ポイントを捉えた案内はツアーのメリットです。


 

この記事へのコメント