スペースX社のファルコンヘビーを発射台へ立上げる作業の映像が公開【改訂】


こちらのニュース記事によると、28日(現地時間)にスペースX社(Space X)のファルコンヘビー(Falcon Heavy)ロケットをケネディ宇宙センター第39発射施設(Kennedy Space Center Launch Complex 39)へ立上げる作業が行われ、その映像が公開されました(こちら。速度が違う2つのタイムラプス映像)。




ソユーズロケットの打ち上げは発射台まで横にして移動する事(こちら)は知っていましたが、スペースシャトル(こちら)やH-IIAロケット(こちら)は組み立て工場から建てたまま移動していました。



調べるとファルコン9(Falcon 9)でも発射台での立上げをしていました(こちら)。この方が低コストで安全性が高いという判断でしょう。

それは兎も角として、ファルコンヘビーの初号機は1月中の打上げを予定しています。しかし、未だ日時は確定していないようです。



【改訂】2018年01月05日 00:35 動画の入替え


 

この記事へのコメント