「CEATEC Japan 2018」に行ってきた(2)


17日に千葉県・幕張メッセで開催している「CEATEC Japan 2018」及び「All about Photonics 2018」(何れも会期は、2018年10月16日~ 19日)に行ってきました。コンシューマーの視点から何点かを紹介します。



今回事前に注目していたのが、こちらの「青空を模擬するライティング技術」。



照明の下に近づいて撮ったのがこちら



如何にも天窓を通して青空を見るような感じでした。太陽の光を採光して光ファイバーケーブルを通して室内に運ぶのではなく、こちらの様にあくまでも照明パネルを模擬的に薄いブルーにしながら自然光らしさを出そうとしています。




「時の移ろいを感じる色変化が可能」との事で、オフィースで(外空間と繋がっているような感じを持たせて)開放的な雰囲気を出すのに効果があるかも知れません。



この記事へのコメント