超音速で飛ぶ飛行機から発生する衝撃波の様子を示す高精細画像


米国NASAのこちらの記事によると、超音速で飛ぶ飛行機から発生する衝撃波(Shock wave)の様子を示す高精細画像を撮影できました(こちら)。



カメラの開発も必要でしたが、カメラを備えた飛行機の真下に、上手いタイミングで超音速状態で通過する必要があり、その点でも苦労したようです。
カメラを装備した飛行機はビーチクラフトB200、超音速で飛行したのはノースロップ社が開発した練習機T-38でした。



超音速旅客機の開発で役立てる事になります。

この記事へのコメント