綺麗な銀河・星雲(1437) - いっかくじゅう座(Monoceros)にある反射星雲「IC 446」

今回の綺麗な銀河・星雲は、いっかくじゅう座(Monoceros)にある反射星雲(Reflection nebula)「IC 446[伊語](IC 2167)」です(こちら)。 近くに見える反射星雲「IC 447(Dreyer's Nebula、IC 2169)」と並ぶ画像はこちらで紹介しています。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1436) - インディアン座(Indus)にある活動銀河「IC 5063」

今回の綺麗な銀河・星雲は、インディアン座(Indus)にある活動銀河(Active galactic nucleus、AGN)「IC 5063」です(こちら)。 銀河中心の明るい光により、大規模に伸びる影が見られます(こちらを参照)。 雲の切れ目から太陽光が放射状に射す薄明光線(Sunbeam)のようなものと思われ、何らかの構造を持った塵が光を遮っていると考えられていますが、未だ良く…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1435) - かに座(Cancer)にある重力レンズ効果により見える銀河「LRG-3-817」

今回の綺麗な銀河・星雲は、かに座(Cancer)にある銀河(Galaxy)「LRG-3-817(SDSS J090122.37+181432.3)」です(こちら)。 中央の銀河の重力レンズ(Gravitational lens)効果により弧として見えます。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1434) - 「オリオン大星雲」を七面鳥に見えるよう調整した、名付けて「Great Turkey Nebula」

今回の綺麗な銀河・星雲は、オリオン座(Orion)にある散光星雲(Diffuse nebulae)「オリオン大星雲(Orion Nebula、Messier 42、M42、NGC 1976)」を、感謝祭を記念して七面鳥に見えるよう調整した画像で、名付けて「Great Turkey Nebula」です(こちらとこちら)。 「オリオン大星雲」はこちらやこちらやこちらで紹介しています。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1433) - ヘルクレス座(Hercules)にある惑星状星雲「IC 4593」

今回の綺麗な銀河・星雲は、ヘルクレス座(Hercules)にある惑星状星雲(Planetary nebula)「IC 4593[独語]」です(こちらとこちら)。チャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory、紫色)とハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による合成画像 ハッブル宇宙望遠鏡による画像

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1431) - へび座(Serpens)にあるレンズ状銀河で活動銀河核を持つ「NGC 5972」

今回の綺麗な銀河・星雲は、へび座(Serpens)にあるレンズ状銀河(Lenticular galaxy)で活動銀河核(Active galactic nucleus)を持つ「NGC 5972[独語]」です(こちら)。ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による画像 緑色に見えるのはクエーサー(Quasar)の爆発の影響でイオン化した酸素で、クエーサーからのビー…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1430) - アンドロメダ座(Andromeda)にある殆ど構造化が見えない渦巻銀河「UGC 12588」

今回の綺麗な銀河・星雲は、アンドロメダ座(Andromeda)にある渦巻銀河(Spiral galaxy)「UGC 12588」です(こちら)。 渦巻銀河に分類されていますが、渦状腕(Spiral arms)は非常にかすかで全体の殆ど構造化が見えず、少しハッキリ見えるのは星形成していると思われる青い星のある渦状腕の先端です。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1429) - おおいぬ座(Canis Major)にあるレンズ状銀河「NGC  2292」と「NGC  2293」

今回の綺麗な銀河・星雲は、おおいぬ座(Canis Major)にあるレンズ状銀河(Lenticular galaxy)「NGC  2292」(右側)と「NGC  2293」です(こちら)。 「NGC  2292」と「NGC  2293」は相互作用(Interacting galaxy)しています。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1428) - 大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)の輝線星雲「タランチュラ星雲」

今回の綺麗な銀河・星雲は、大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)のHII領域(H II region)にある輝線星雲(Emission Nebula)「タランチュラ星雲(Tarantula Nebula、30 Doradus、中心部分をNGC 2070、Caldwell 103)」です(こちら)。 「タランチュラ星雲」はこちらとこちらで紹介していますが、今回はイオン化…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1427) - カシオペヤ座(Cassiopeia)にある輝線星雲「Westerhout 5(Soul Nebula)」の星形成中央部分

今回の綺麗な銀河・星雲は、カシオペヤ座(Cassiopeia)にある輝線星雲(Emission nebula)「Westerhout 5(Sharpless 2-199、Soul Nebula、IC 1848)」の星形成(Star formation)中央部分です(こちら)。 画像上でガスと塵を強調する為に、恒星(Star)を削除処理しています。「Westerhout 5」(及び「Hear…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1426) - オリオン座(Orion)の星雲などを背景に進む彗星「ATLAS(C/2020 M3)」

米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら。 オリオン座(Orion)の星雲などを背景に進む彗星(Comet)「ATLAS(C/2020 M3)」: 「ATLAS(C/2020 M3)」は左上(緑色)で、小惑星地球衝突最終警報システム(Asteroid Terrestrial-impact Last Alert Sy…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1425) - てんびん座(Libra)にある棒渦巻銀河「NGC 5792」

今回の綺麗な銀河・星雲は、てんびん座(Libra)にある棒渦巻銀河(Barred spiral galaxy)「NGC 5792」です(こちらとこちらとこちらとこちら)。レモン山天文台(Mount Lemmon Observatory)による画像 ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)による核部分の拡大画像 紫外線宇宙望遠鏡「GALEX」による紫外線画像 …

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1424) - オールトの雲を起点にすると考えられている彗星「サイディング・スプリング彗星」

今回の綺麗な銀河・星雲は、オールトの雲(Oort cloud)を起点にすると考えられている彗星(Comet)「サイディング・スプリング彗星(C/2013 A1、Comet Siding Spring)」です(こちら)。 中心にあるのは火星です。2014年10月19日に火星に衝突する可能性がありました(こちらを参照)。公転周期は約百万年です。 右上の青い恒星(Star)は「へびつかい座…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1423) - 月と木星(Jupiter)の衛星

今回の綺麗な銀河・星雲は、太陽系の第3惑星「地球」の月と第5惑星「木星(Jupiter)」(右下)の衛星「ガニメデ(Ganymede)、イオ(Io)、エウロパ(Europa)、カリスト(Callisto)」です(こちら)。 木星は右下で衛星はその近辺を拡大してください。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1421) - ヘルクレス座(Hercules)にある銀河群と銀河団「ヘルクレス座銀河団」

今回の綺麗な銀河・星雲は、ヘルクレス座(Hercules)にある銀河群と銀河団(Galaxy groups and clusters)「ヘルクレス座銀河団(Hercules Cluster、Abell 2151)」です(こちら)。 「ヘルクレス座銀河団」は、更に広範囲な超銀河団(Supercluster)「ヘルクレス座超銀河団(Hercules Superclusters、SCl 160)…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1420) - ぎょしゃ座(Auriga)にある散開星団「M38」と「M36」を背景とした周期彗星「ジャコビニ・ツィナー彗星」

今回の綺麗な銀河・星雲は、ぎょしゃ座(Auriga)にある散開星団(Open cluster)「M38(Messier 38、NGC 1912)」(彗星の尾の直ぐ上、中央左)と「M36(Messier 36、NGC 1960)」(中央右)を背景とした周期彗星(Periodic comet)「ジャコビニ・ツィナー彗星(21P/Giacobini–Zinner、Comet GZ)」です(こちら)…

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1418) - 天の川銀河(銀河系)の恒星の一つである太陽の「紅炎(Solar prominence)」

今回の綺麗な銀河・星雲は、天の川銀河(銀河系、Milky Way)の恒星(Star)の一つである太陽(Sun)の「紅炎(Solar prominence)」です(こちら)。 下半分は雲に隠れています。紅炎の大きさはこちらの木星と地球(左下)を入れた画像から分かります。

続きを読む