アムステルダム国立美術館が収蔵作品をデジタル化してパブリック・ドメインで公開

アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)が収蔵する70万点以上の作品をデジタル化して公開しています。しかもパブリック・ドメイン (CC0 1.0)ですから、ダウンロードして加工などもできます。 こちらからアクセスします。ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の作品もありますが、今回はレンブラント・ファン・レイン(Rembrandt)の「夜警(The Night…

続きを読む

「Microsoft Edge 88」安定版が公開、新機能を使ってみる(1)

「Microsoft Edge 88」の安定版が公開になりました(こちら)。UIなど見える部分を中心に使ってみました。 最初は「サイドバー検索機能」です。Webページでテキストを選択し、右クリックメニューで「サイドバーを使いBingで"xxxx"を検索」項目をクリックすると(こちら)、同じタブ内に結果を表示します(こちら)。 検索エンジン設定に関わらず、Bing検索となりますが、…

続きを読む

モバイル版「Microsoft Edge」のコレクション機能

Windows上のブラウザ「Microsoft Edge」でコレクション機能を便利に使っていますが、去年7月にモバイル版「Microsoft Edge」でもコレクション機能が利用できるようになりました。モバイル版「Microsoft Edge」は手持ちのタブレットで使っていたのですが、そこに最新版をインストールしようとしたら、Androidのバージョンが7以上でないと利用できない事が分かりま…

続きを読む

最新バージョン「Firefox 83.0」で"HTTPS-Only モード"を導入

フリーのブラウザ最新バージョン「Firefox 83.0」で"HTTPS-Only モード"を導入しました。「≡」→「ヘルプ」→「Firefoxについて」から更新できます。 実際に最新版にすると、「≡」→「オプション」の「プライバシーとセキュリティ」タブの最下部に追加しています(こちら)。 既定値は「HTTPS-Only モードを有効にしない」となっています。ここで「すべてのウィンド…

続きを読む

Googleマップが乾燥地や森林・山岳地帯・凍結地など直感的に分るようなカラフルなマップに

Google社のMAPS公式ブログで、新たに乾燥地や森林・山岳地帯・凍結地などが直感的に分るようなカラフルなマップに更新すると予告していましたが、適用されたマップに最近アクセスできるようになりました。ブログ内で比較できる例を挙げているので(こちら)、その地を訪れる形でアクセス(下掲のマップをクリック)できます。Iceland Morocco Mt. Rainier National Pa…

続きを読む

テキスト読み上げソフト(3) 「テキストーク」(3)

今回はテキスト読み上げソフト「ちょぷり - テキストーク(textalk)」のテキストファイルの扱いについてです。 前回まででテキストを入力(コピー&ペーストを含む)して、読み上げ確認して音声ファイル出力までできました(最終形態がこちら)。 出来たテキストはメニュー「ファイル」→「(上書き or 名前を付けて)保存」できます(こちら)。 保存したファイルは一般的なテキストエディタで編集…

続きを読む

テキスト読み上げソフト(2) 「テキストーク」(2)

テキスト読み上げソフト「ちょぷり - テキストーク(textalk)」で音声ファイルに出力した読み上げを、(こちらの読み上げでほぼ良い状態になっていますが・・・)更に改善します。 6つ目のセンテンスで「その他に」を「そのたに」と読んでいましたので、メニュー「テキスト読み上げ」→「テキスト読み上げ設定」の「読み仮名辞書」タブで読み仮名登録をします。また同じセンテンスにある「2m」の読…

続きを読む

テキスト読み上げソフト(1) 「テキストーク」(1)

今回からテキスト読み上げソフトを幾つか試してみます。読み上げソフトの選択ポイントは、 1.入力となるテキストの形態 2.読み上げの目的又は音声(ファイル)の利用目的 3.期待された読み上げを改善する又は効率を上げる機能にあると云われます。 以前に(かなり前・・・)画像からOCRで取込んだテキストを読み上げて、OCRによる誤り改訂に利用しましたが、非常に効率的で良かった経験があります。この範…

続きを読む

「Microsoft Edge 84」の新機能

最新安定版「Microsoft Edge 84」(こちら、Ver 84.0.522.40)がリリースされ、幾つかの新機能が加わりました。 1つ目はF11キーで全画面モードになりますが、マウスをモニターの上端に持って行くとタブやメニューに対する操作ができるようになりました(こちらは全画面表示でタブやメニューの表示をしている)。 全画面表示で操作中に部分表示に戻る必要が無くなりました…

続きを読む

PCキーボードからのタイピングでピアノ演奏できるサイト「JazzKeys」

PCキーボードからのタイピングでピアノ演奏できるサイト「JazzKeys」の紹介があったので使ってみました。こちらからアクセスして画面をクリックした所がこちら。 少し気分を出しながら、タイピングのスピード(と間合いを置いて)調整して入力した所がこちら(一部入力ミスあり)。 打鍵する毎に演奏(?)するピアノ音を聴く事ができます。 画面の右にメニューアイコンがあり、点灯のマーク…

続きを読む

ニュース配信サイト「SmartNews」で各種機能を追加

こちらの SmartNews Inc. ニュースリリースによると、ニュース配信サイト「SmartNews」でニュース検索での拡充や「雨雲レーダー」の機能を追加などの他、アカウントページで直近の閲覧履歴をチェックできるようになりました。私は「SmartNews」をAndroidタブレットで使っているので更新を待っていた所、昨日の時点で更新されている事が分かりました。早速使ってみたのですが、残念…

続きを読む

シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(7)

今回も「Markdown」の記述利用を含めた記事投稿をします。 今回はテキストのある範囲の字下げをするインデントについてです。その部分を強調する(読み易くする)事ができます。行頭にタブ又は4つの空白をテキストの前に付けます。厳密には「Markdown」では連続したテキストを段落といいますから、段落の前にタブ又は4つの空白を付けます。 「Micro.blog」での記述例はこちら。 こ…

続きを読む

シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(6)

シンプルなブログシステム「Micro.blog」では、プレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成する「Markdown」をサポートしています。複雑な「Markdown」を使う事は「Micro.blog」の本来の趣旨に合いませんが、チョッとした利用はブログを構造化する意味で有効だと思います。今回から幾つかの「Markdown」の記述利用を含めた記事投稿をしています。 先ずリ…

続きを読む

シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(5)

今回は画像の大小によりどのように表示するかを確認します。 これまで投稿で使っていた画像の長い辺は900pixelでしたが、「Micro.blog」での表示は600pixelになっています(こちら)。 今回はズット大きい画像や600pixelより小さい画像を使った時どのような表示になるかを確認します。 先ず、ズット大きい画像(1440×1080)を使った投稿(編集画面)がこち…

続きを読む

シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(4)

今回は投稿できる文字数の多少によりどのように表示するかを確認します。 投稿できる文字数の280文字(日本語コードで、空白行も 1 文字の計算)を境にして、それ以内であれば投稿画面で件名欄を表示しません(こちら)。 実際に投稿すると、参照するユーザからはこちらの様に見えます。 ここでは件名の表示がありません。 件名を入れたい場合は入力欄の右上にあるアイコン「Save D…

続きを読む

シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(3)

これまではほぼ既定(デフォルト)の設定で進めてきましたが、今回は表示のカスタマイズをしてみます。 「Micro.blog」にログインしているブラウザでアクセスするとこちらになります。 先ず、ユーザのアイコンを設定する為、上部メニューの「Account」をクリックすると、こちらの画面で各種情報を設定できるようになります。 今回はユーザ・アイコンを設定するので右にある「Edit」を…

続きを読む

キュレーションサイト「NAVERまとめ」のサービスが終了へ

こちらの公式ブログによると、キュレーションサイト「NAVERまとめ」のサービスが2020年9月30日をもって終了します。 キュレーションサイトは、当初大いに期待されましたが、キュレーションサイトの内容の信頼性が問題になったりしました。最近は話題になる事も少なく、単独サービスではなくLINEの検索事業の中で生かしていく事になるようです。

続きを読む

シンプルで無料のブログシステム「Micro.blog」を使ってみる(2)

前回は1つの投稿をしただけでしたが、今回は複数を投稿した場合、ブログを見て下さる人からどのように見えるかを確認します。 実際に本ブログの1つのシリーズを複数(未だ全てではありません)投稿してみましたので、こちらからアクセスしてください。トップページになりますが、最新投稿から順番に記事を表示しています。 ユーザ登録で「Username」で登録した文字がサブドメイン名で使われます…

続きを読む