国際宇宙ステーションから撮ったロシアにある都市の雪景色

こちらはロシアのオレンブルク州の都市オレンブルク(Orenburg)の真冬の景色です。国際宇宙ステーション(International Space Station)から2017年に撮っています(解説画はサムネイルをクリックで拡大)。 上部に発電所からの煙が東に流れ、雪の上に影を落としています。黒い部分は殆どが木々です(その下にある雪を覆っている)。発電所からの煙の近くには「Russian …

続きを読む

地球観測衛星「テラ」に搭載の光学センサ「ASTER」が撮った、カリブ海にあるブルーホール「Great Blue Hole」

こちらは、地球観測衛星「テラ」に搭載されている、日本で開発した光学センサ「ASTER(Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer)」が撮った、カリブ海にある環礁(Atoll)「Lighthouse Reef」のブルーホール「Great Blue Hole」です。 ブルーホールは「海にあるセノーテ(Ma…

続きを読む

火星の不思議な地形(23) - 火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が撮った火星の北極の砂丘

こちらは無人火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー(Mars Global Surveyor)」が撮った火星の北極の砂丘です。2004年火星の冬が終わろうかという時期の夜明け前頃で明りは左下の方向から射していて、砂丘は霜に覆われた状態です。

続きを読む

珍しい瞬間の映像(43) - 土星探査機「カッシーニ」が撮った土星の環の間に見える地球と月

こちらは土星探査機「カッシーニ(Cassini–Huygens)」が撮った土星の環(Rings of Saturn)の間に見える地球と月です(月が見辛い場合はこちらを参照)。 画像の上部はA環(A Ring)で、下部にF環(F Ring)があります(こちらを参照)。A環内の「エンケの間隙(Encke Gap)」と「キーラーの空隙(Keeler Gap)」も見えます。

続きを読む

米国カリフォルニア州とネバダ州の州境にある3湖の異なる水の色

国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)から撮ったこちらの写真(下掲のサムネイル・クリックで解説あり)では、米国カリフォルニア州とネバダ州の州境にあるタホ湖(Lake Tahoe)・ウォーカー湖(Walker Lake)・モノ湖(Mono Lake)の水の色が異なります。 タホ湖は水深が深く透明度が高い上に流水川があります。ウォーカー湖とモノ湖…

続きを読む

火星の不思議な地形(22) - 2つの隕石が同時に落下した2つのクレータと噴出物

JAXAも参加する米国NASAの「アルテミス計画(Artemis program)」は、2024年までに人類を再び月面に着陸させる計画ですが、将来的に火星(Mars)へ人類を送り込む為の基盤を構築する構想もあります。 既に火星には幾つかの無人探査機が送られ、多くの映像及び地質データを送ってきています。例えば2001年に打上げられたNASAの火星探査機「2001マーズ・オデッセイ(2001 …

続きを読む

火星探査車「パーサヴィアランス」がミニヘリコプター「インジェニュイティ」と火星上でツーショット

NASAのこちらの記事によると、火星探査車(Mars rover)「パーサヴィアランス(Perseverance)」がミニヘリコプター「インジェニュイティ(Ingenuity)」を火星上に降ろして(こちら)離れた所からツーショットした画像がこちら。 「パーサヴィアランス」は23台のカメラを持っていますが(こちら)、ツーショット画像はSHERLOC(Scanning Habita…

続きを読む

短時間に多降雨を発生するナミブ砂漠での「アーチ雲」

こちらはアフリカで最も乾燥した地域のひとつであるナミビア西海岸中央部で発生した「アーチ雲(棚雲、Arcus cloud)」と思われる写真です。強い下降気流の影響で雲が地上まで広がっています。 こちらで関連する投稿をしています。ナミブ砂漠の多くでは、1年に降る雨の量が20ミリにも満たなかったのに、1日で20ミリ~70ミリ以上の降雨が例外的に発生しているとの事です。乾燥地帯で強固な対策を必要と…

続きを読む

珍しい瞬間の映像(40) - 超高速ビデオカメラが落雷の瞬間を収めた

こちらの記事によると、超高速ビデオカメラにより、落雷(Lightning strike)の瞬間(Lightning flash)を収める事に成功しました(こちら)。 上掲GIFの実時間は約0.00003秒(30マイクロ秒)で、コマ単位で見るとこちら。 雲から生じる稲妻の分岐した一つの枝と、地表からのパスが結びつくと、他の枝の稲妻が消えて放電は1本に集中するようです。

続きを読む

カナダのヌナブト準州に位置するバック川とヘイズ川の川色が溶け合わない合流地点

こちらはカナダのヌナブト準州(Nunavut)に位置するバック川(Back River)とヘイズ川(Hayes River)の合流地点です。バック川の比較的濃い色の水と、ヘイズ川の薄い色の水が溶け合わないコントラストが際立っています。 こちらは米国地質調査所(USGS)が運用する地球観測衛星「ランドサット8号(Landsat 8)」による画像で、左上(大きく拡大できます)がバック川…

続きを読む

珍しい瞬間の映像(39) - 土星探査機「カッシーニ」が撮った、土星の衛星「タイタン」の大気上層部のもやの層

こちらは土星探査機「カッシーニ(Cassini–Huygens)」が撮った、土星(Saturn)の衛星「タイタン(Titan)」の大気上層部のもやの層です。 「タイタン」の大気は、メタンと窒素を起源とする複雑な化学反応を示していて、最終的には「タイタン」を取り巻くスモッグを形成しています。 「タイタン」の夜になっている北極域を撮っていますが、太陽に照らされた三日月部分も見えています。

続きを読む

火星の不思議な地形(21) - 2つの隕石が同時に落下した2つのクレータと噴出物

JAXAも参加する米国NASAの「アルテミス計画(Artemis program)」は、2024年までに人類を再び月面に着陸させる計画ですが、将来的に火星(Mars)へ人類を送り込む為の基盤を構築する構想もあります。 既に火星には幾つかの無人探査機が送られ、多くの映像及び地質データを送ってきています。例えば2001年に打上げられたNASAの火星探査機「2001マーズ・オデッセイ(2001 …

続きを読む

ナミビアの長い直線状の砂丘地帯で、砂丘に抗して苦労する農家や牧場主の様子

ナミビアの中央部にはカラハリ砂漠の西端に位置する長い直線状の砂丘地帯です。こちらは地球観測衛星「テラ(Terra)」に搭載されている光学センサ「ASTER (Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer)」による画像で、かつては肥沃な土地で、砂丘に抗して苦労する農家や牧場主の様子を示しているとの解説。 こちらの…

続きを読む

地球観測衛星「ランドサット8号」が撮った、米国ユタ州にある「ユタ湖」で発生した藻類ブルーム

こちらは米国地質調査所が運用する地球観測衛星「ランドサット8号(Landsat 8)」が撮った米国ユタ州に位置する「ユタ湖(Utah Lake)」で発生した藻類ブルーム(水の華、Algal bloom)です。 「ランドサット8号」や欧州宇宙機関の地球観測衛星シリーズ「Sentinel-3」は、有害藻類ブルーム(Harmful algal bloom)の発生を検知する活動をしています。

続きを読む

火星の不思議な地形(20) - 玄武岩でできた砂丘

JAXAも参加する米国NASAの「アルテミス計画(Artemis program)」は、2024年までに人類を再び月面に着陸させる計画ですが、将来的に火星(Mars)へ人類を送り込む為の基盤を構築する構想もあります。 既に火星には幾つかの無人探査機が送られ、多くの映像及び地質データを送ってきています。例えば2001年に打上げられたNASAの火星探査機「2001マーズ・オデッセイ(2001 …

続きを読む

五大湖の1つスペリオル湖が、2014年4月20日時点で氷が多く残る衛星写真

こちらは、北米に位置する五大湖の1つスペリオル湖(Lake Superior)が、2014年4月20日時点で氷に包まれる状況の衛星写真です。 4月中旬の五大湖全域の氷面積を、2014年と過去33年を比較したのがこちら。 2013年4月20日のスペリオル湖の氷面積は3.6%で、2012年は4月12日には氷が完全になくなってい状況を考えると、2014年が異常に氷面積が広かった事を示しています…

続きを読む

ナミビアの乾燥した例年雨期と直近雨期の、衛星による比較画像

アフリカ西南に位置するナミビア(Namibia)は、雨期(11月〜4月)でも雨量が少ない典型的な乾燥地帯ですが(2020年1月29日の映像がこちら)、直近の雨期では2020年12月や2021年1月などは例年の2~3倍の雨量で、地表の緑が顕著です(2021年2月7日の映像がこちら)。 NASA) が運用中の地球観測衛星「テラ(Terra)」の中分解能撮像分光放射計(MODIS)による自然…

続きを読む