NASAは小惑星に人工衛星を衝突させるDART実験に成功

米国NASAは、小惑星(Asteroid)が地球に衝突する事態を回避する事を最終目的として、小惑星に人工衛星を衝突させて軌道変更の程度を評価する実験を行いました。実際2022年9月26日23時16分(UTC)に、DART(Double Asteroid Redirection Test)衛星を二重小惑星「ディディモス(Didymos)」の衛星(ディモルフォス、Dimorphos、旧・ディディ…

続きを読む

国際宇宙ステーションから撮ったニュージーランドの火山「ルアペフ山」

こちらは国際宇宙ステーション(International Space Station)から撮ったニュージーランドの北島にある火山「ルアペフ山(Mount Ruapehu)」です。中央は山頂横のクレーター湖です。 一時クレータ湖の水温が上がるなどして、火山活動の高まりについて警告が出ましたが、現在は沈静化しているようです。

続きを読む

珍しい瞬間の映像(131) - 海王星のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による近赤外線画像

こちらは海王星(Neptune)のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope、Webb)による近赤外線画像です。 海王星の環(Rings)が明瞭に示されています。メタンの氷の雲も見る事ができます。こちらは海王星の衛星14個の内で7衛星が写っています(こちらを参照)。 左上の衛星「トリトン(Triton)」は回折スパイク(Diffraction s…

続きを読む

大地と空が織りなす驚きの景色(33) - 観測衛星で撮った台風14号(Nanmadol)

米国NASAのホームページに掲載された映像の中から、こちらは台風14号(Typhoon Nanmadol)が鹿児島に上陸する時点で、米国海洋大気庁の地球観測衛星「NOAA-20」が撮った画像です。 国際宇宙ステーション(International Space Station)に搭乗している宇宙飛行士も台風14号を捉えています。It’s incredible how something th…

続きを読む

「アルテミス1号」で移動発射台の液体水素燃料供給ラインとスペース・ローンチ・システムをつなぐ部分を交換すると決定

NASAが「アルテミス1号(Artemis 1、Artemis I、Exploration Mission-1)」の現地時間 9月3日(日本時間: 9月4日)に設定された打上げを停止した件で、移動発射台の液体水素燃料供給ラインとスペース・ローンチ・システム(Space Launch System)をつなぐインターフェース部分を交換すると決定しました。発射台での改修作業で収まるか組立棟(Veh…

続きを読む

珍しい瞬間の映像(130) - 直径400キロの土星の衛星「ミマス」にある直径130キロのクレーター「ハーシェル」

こちらは土星探査機「カッシーニ(Cassini)」が撮った、土星の衛星「ミマス(Mimas)」です。 直径400キロの小衛星「ミマス」にある直径130キロの巨大な衝突クレーター「ハーシェル(Herschel)」を強調する画像です。

続きを読む

珍しい瞬間の映像(128) - 木星探査機「ジュノー」の近木点通過時のタイムラプス映像

2016年7月に木星(Jupiter)の極軌道(Polar orbit)への投入に成功した木星探査機「ジュノー(Juno)」が、11回目の近木点(木星に対する最接近点、Perijove )通過をしましたが、こちらはその際の約4時間を1分ほどのタイムラプス映像としたものです。

続きを読む

綺麗な銀河・星雲(1759) - 太陽系(Solar System)の第5惑星「木星」

今回の綺麗な銀河・星雲は、太陽系(Solar System)の第5惑星(Planet)「木星(Jupiter)」です(こちら)。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope、JWST)による近赤外線画像 解説付きの画像がこちら。用語を以下にリストアップしています(クリックでwikipediaへリンク)。大赤斑(Great Red Spot)メティス(…

続きを読む

国際宇宙ステーションから撮った、モーリタニアにある環状構造「リシャット構造」

こちらは2020年07月に国際宇宙ステーション(International Space Station)から撮った、アフリカ・モーリタニア(Mauritania)にある直径約50kmに及ぶ環状構造「リシャット構造(Richat Structure、The Eye of Sahara)」の広域写真です。 「リシャット構造」はこちらで紹介しています。こちらも参照。

続きを読む

観測データに基づきモデル化した地球規模の地表気温

こちらの記事によると英国をはじめ、熱波は今年既にインドや米国、欧州西部を襲っていますが、こちらは2022年7月13日の観測データに基づき、大気中の物理的プロセスを数式で表現する「ゴダード地球観測システム(Goddard Earth Observing System、GEOS)」の全球モデルにより作成された地表気温で、地球の広い範囲で高温になっている事が分かります(こちらを参考にしています)。

続きを読む

珍しい瞬間の映像(123) - 無人宇宙探査機「ボイジャー1号」が撮った、木星の大赤斑と衛星「エウロパ」

こちらは無人宇宙探査機「ボイジャー1号(Voyager 1)」が撮った、木星(Jupiter)の大赤斑(Great Red Spot)と木星の第2衛星「エウロパ(Europa)」(左下)です。 ●は木星の第1衛星「イオ(Io)」の影です。「ボイジャー1号」は、打ち上げから現時点で44年以上経って、地球から233億9181万km以上(156天文単位以上)離れた所にいます(こちらを参照)。ただ…

続きを読む

珍しい瞬間の映像(119) - 米国カリフォルニア州のある学校で撮られた土星と国際宇宙ステーション

米国NASAのホームページに掲載されたレアな画像で、今回紹介するのはこちら。 米国カリフォルニア州のある学校で撮られた土星と国際宇宙ステーション(International Space Station):

続きを読む

珍しい瞬間の映像(118) - 水星探査計画「ベピ・コロンボ」でスイングバイ時に撮影した水星

こちらは水星(Mercury)の表面です。水星探査計画「ベピ・コロンボ(BepiColombo)」で第2回水星スイングバイ(Swing-by、Gravity assist)を実施した時に撮影した画像です。 水星周回軌道へ投入されるのは、2025年12月の予定です。

続きを読む

地球観測衛星「ランドサット9号」が撮影した、インド洋のモザンビーク海峡にあるフランス領「ユローパ島」

こちらは地球観測衛星「ランドサット9号(Landsat 9)」で2022年4月に撮影した、インド洋のモザンビーク海峡にあるフランス領の無人島「ユローパ島(Europa Island)」です。 西側のアフリカ大陸モザンビークと約500km、東側のマダガスカルと約300km離れており、海岸線にはほぼ原始的なサンゴ礁が広がり、島の奥深くまで入り込んだラグーンの海岸線にはマングローブが生い茂ります。

続きを読む

珍しい瞬間の映像(115) - 火星探査車「キュリオシティ(Curiosity)」が火星上で最近発見した小さな岩の尖塔

NASAは火星探査車「キュリオシティ(Curiosity)」が火星上で最近発見した小さな岩の尖塔の画像を公開しました(こちら)。 これは比較的密度の高い物質が岩の間に浸み込み、水の流れが周りの岩を取り除いたのではないかと考えられています。

続きを読む

珍しい瞬間の映像(113) - チリのリマリ県リオ・ウルタドで 6月15日の日の出直前に撮った、黄道に沿って並ぶ太陽系惑星

こちらはチリのリマリ県(Limarí Province)リオ・ウルタド(Rio Hurtado、Río Hurtado)で 6月15日の日の出直前の東地平線方向で撮った、黄道(Ecliptic)に沿って並ぶ太陽系惑星: サムネイル画像のクリックで拡大し、各惑星の位置を確認できます。

続きを読む

ロシアのカムチャツカ半島にある火山「ベズイミアニ山」の5月噴火による広域に亘る火山灰堆積の様子

こちらはロシアのカムチャツカ半島にある成層火山「ベズイミアニ山(Bezymianny)」が、2022年5月28日の再噴火で強い爆発と大きな灰の噴出により、高度15kmに達した火山灰が東南東に1,600km以上太平洋に向かって流れ、雪に覆われた地表に火山灰の層を堆積させた事を見せています。地球観測衛星「ランドサット8号(Landsat 8)」が5月29日に撮影したものです。

続きを読む

米国の海洋大気庁が運用する環境観測衛星「NOAA-20」が撮影した、サハラ砂漠から拡散している粉塵

こちらは米国の海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration)が運用する環境観測衛星(Environmental satellite)「NOAA-20」が2022年6月5日に撮影した、サハラ砂漠から大西洋上に拡散している粉塵です。 こちらが2日前(6月3日)の画像ですから、急速に広がっているのが分かります。これらはアメリカ大陸…

続きを読む

英国ブリストル海峡の先で、植物プランクトンの大量発生を捉えた地球観測衛星の映像

こちらは英国ブリストル海峡(Bristol Channel)の先で、植物プランクトン(Phytoplankton)が大量に発生(明るい青緑色)しているのを捉えた、地球観測衛星「Aqua」の2022年6月3日の映像です。 セヴァーン川(River Severn)から流入する雪・氷の融解と春の雨により、表層水が新鮮になると共に土砂や有機物(Organic matter)が増え、季節的に強くなる…

続きを読む