萩・津和野・宮島の旅(8) 瑠璃光寺の五重塔

第3日の2番目(で今旅行の最後)は、山口市香山町にある瑠璃光寺(こちら)の国宝「五重塔」でした(こちらとこちら)。 法隆寺、室生寺、興福寺、醍醐寺など何気なく見てきた五重塔ですが(厳島神社でも・・・)、ここは京都の醍醐寺・奈良の法隆寺のものと並ぶ日本三名塔の一つになっています。この五重塔の建立は1442年で大内氏の領地であり、香積寺と称していました。瑠璃光寺という名称は、陶氏により…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(7) 「秋吉台」の鍾乳洞「秋芳洞」

第3日は最初に訪れたのが山口県にある日本最大のカルスト台地「秋吉台」の鍾乳洞「秋芳洞」でした。 「秋芳洞」までの「秋吉台」の風景がこちら。 石灰岩柱が数多く見られました。 「秋芳洞」は黒谷案内所側から入洞しました。こちらの洞内図を見ると、一方的な下り道になるので上手い選択であったようです。 観光的にも洞内を観終って休息・土産物購入という流れになり、巧く行くようです・・・(黒谷…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(6) 萩の城下町

第2日の4番目は宿泊地でもある萩市の旧市街でした。毛利氏が治めた長州藩の本拠地である城下町(萩城下町)として閑静な街です(こちらを参照)。 指月山の麓に「萩城」があります(上掲Google地図の左上)。その近くに上位の武家屋敷が集まっていて、こちらの門を通らないと内に入れないようになっていたとか(尤も三の丸部分に当たりますから、前の水路が外堀の役割を果たしていました。更に三角州を構…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(5) 津和野【改訂】

第2日の3番目は島根県・津和野でした。津和野にも見どころは多くあると思いますが、今回は「津和野殿町通り」だけでした(こちらを参照)。 津和野は「xxxx殺人事件」といったスリラードラマのロケなどで使われるそうですが(私は殆どTV ドラマは見ないので・・・)、ここで生活している人にとって「津和野で起きた殺人事件が、萩で解決する」という流れは非常に気にしているようでした・・・ 「…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(4) 呉港にある「てつのくじら館」と「大和ミュージアム」

第2日の2番目は広島県呉港にある「てつのくじら館」とその近くにある「大和ミュージアム」でした。 「てつのくじら館」は「海上自衛隊呉史料館」の愛称で、退役したとはいえ実際の潜水艦「あきしお」を屋外展示しています(こちら)。 史料館の中ではペルシャ湾へ派遣された掃海艇の説明をしその装備品などを展示していました(こちら)。 海上自衛隊の歴史の中では朝鮮戦争で掃海支援をしていた事にも触…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(3) 広島平和記念公園

第2日の最初は「広島平和記念公園」でした(こちらを参照)。 対岸に「原爆ドーム」(こちら)が見える所で観光バスを降り、公園の反対側にある「広島平和記念資料館」まで歩きました。 途中の歩きに沿って、「平和の鐘」(こちら)や「原爆供養塔」(こちら)、「原爆の子の像」(こちら)などの説明が添乗ガイドからありました。 「原爆死没者慰霊碑」(こちら)からは「平和の…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(2) 安芸の宮島

第1日の2つ目の観光は広島県厳島の通称「安芸の宮島」でした(こちら)。 我々のグループツアーでは本州側の宮島口からフェリーに乗船し、10分で渡る事ができました。ここには2系統の会社があり、運航数は各々4便/時間程度で非常に多い。別に広島方面からの高速船もあります。フェリー利用者は廿日市市の統計で年間450万人を超えています。 宮島口からのフェリーでは海上から厳島神社とその鳥居を見…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅(1) 錦帯橋【改訂】

今回の旅の最初は、山口県岩国市にある「錦帯橋」でした(こちらやこちら)。日本三名橋や日本三大奇橋に挙げられています。 普段は清流とも称される「錦川」ですが、台風・大雨になれば(2018年台風時の)こちらのように暴れ川になります。 通常は川床の一部は広い駐車場になっていますが、梅雨時は利用できなくなり観光客も少なくなるそうです。 河岸と同じぐらいの高さまで橋脚となる強…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅 帰宅しました

最終の第三日目は良い天気に恵まれました。そして観光地はカルスト台地の秋吉台にある秋芳洞と瑠璃光寺にある国宝・五重塔でした。 秋芳洞は、鍾乳洞としては日本最大規模との事で、大きな地下空間を作っていました(こちら)。 色々な名前を付けられた鍾乳洞で良く見られる景色がありました。 一般的な入口(こちら)ではなく、逆に出口とされる側から入りました。この方向だと殆ど下りの傾向があり、…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅 萩のホテルにて

前日は晴天だったのにホテルを朝出発直前に小雨が降り始めました。持ってこなかった雨傘を購入した効果があったのか・・・最初の目的地には止んで、時間が経つに従って回復してきて助かりました。 今日は広島から島根県・津和野を経て山口県・萩へのルートでしたから、時間的には割とタイトなスケジュールでした。 広島では平和記念公園(こちら)と「てつのくじら館」(こちら)・「大和ミュージアム」(こち…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅 広島のホテルにて

現在、広島市街のホテルにいます。今日は岩国にある「錦帯橋」と安芸の宮島でした。 まずは機中で撮った富士山の写真がこちら。 こちらはご存じ「錦帯橋」。 こちらも良く知られた「宮島(厳島神社)」です。 何れも、以前に来ているのですが、その時の記憶が確かではありません・・・何しろインターネットやテレビなどで良く見ている映像なので、それらとの区別ができなくなっています…

続きを読む

萩・津和野・宮島の旅 機内より

今飛行中です。 先ほど富士山上空を通過しました。先日の鹿児島空港へ向かうときは南側を見ましたが、今回は少し北側を通りました。 カメラで写真に撮りましたが、タブレットから投稿しようとしているので、画像取り込みのインターフェースを持っていません。別途にします。 機内の無料wifiから投稿できるようになり、非常に便利でレスポンスも良好です。

続きを読む

屋久島旅行(11) ガジュマル公園

観光3日目の2番目は「志戸子ガジュマル公園」でした。これまでと逆に宮之浦港を越えて北に回ります。「ガジュマル」は九州の屋久島と種子島などの南西諸島などが自然の北限といわれます。観光マップと移動ルートを再掲します。 公園の入口: ガジュマルなど公園内で見る事ができる幾つかの様態を掲載します。こちら、こちら(タブ・アコウ・ガジュマル合体木)、こちら、こちら、こちら。 これは「リ…

続きを読む

屋久島旅行(10) 白谷雲水峡(3)

観光3日目、標高:600m~860mの地域に広がる「白谷雲水峡」投稿の続きです。「白谷雲水峡」の散策で1時間コースの折り返し点に着いた所から、プラスαとして「二代大杉」も見に行きました。今回は折り返し地点から川沿いに入口に戻りました(こちらを参照。こちらのサイトから借用)。 川沿いでは原生林以外の多様な景色を見せてくれました。清流での紅葉:こちら 崖を流れる滝:こちらやこちら…

続きを読む

屋久島旅行(9) 白谷雲水峡(2)

観光3日目、標高:600m~860mの地域に広がる「白谷雲水峡」投稿の続きです。「白谷雲水峡」の散策で1時間コースの折り返し点に着いた所から、プラスαとして「二代大杉」へ向かいました(こちらを参照。こちらのサイトから借用)。 1時間コースの折り返し点まではこちらの様に気楽に散策できるようになっていました。 「二代大杉」へ向かうルートは、少し厳しい状況になります(こちら)。 …

続きを読む

屋久島旅行(8) 白谷雲水峡(1)

観光3日目は素晴らしい青空。早速標高:600m~860mの地域に広がる「白谷雲水峡」へ向かい、その入口となる「白谷広場」(こちら)に着いたのが10:00ぐらい。 右奥側から登ってきて手前側に駐車場があります。 ここまでに至る道路は(工事区間を除いて)殆どが2車線で舗装されていましたが、海岸線のレベルから10㎞ほどで標高:600mほどの地点になるのでここも急坂でした。 「白谷…

続きを読む

屋久島旅行(7) ヤクスギランド

観光2日目でメインテーマである「ヤクスギランド(屋久島自然休養林)」へ行きました。「大川の滝」への工程に思いの外時間が掛かったのと、海岸沿いの77号線から「ヤクスギランド」までの自動車道も距離があったので、到着した時には14:00を過ぎていました。 これまでに掲載した観光マップと移動ルートを参考にしてください。 海岸線から標高1000~1300mに広がる「ヤクスギランド」の入口まで約15…

続きを読む

屋久島旅行(6) 大川の滝

観光2日目で前回の「千尋の滝」に続いて、「大川(Ohkoと読む)の滝」へ行きました。「千尋の滝」から77号線に出てひたすら運転、宮之浦港とはほぼ反対側にあります。これまでに掲載した観光マップと移動ルートを参考にしてください。 ドライブ中の景色は、右は切り立った山々、左の海岸線は砂浜であったり岩だったり、海岸線とも離れたり近づいたりと、割と単調ではないのでドライブを楽しんでいたら、いつの…

続きを読む

屋久島旅行(5) 千尋の滝

前回に観光マップと移動ルートを掲載していますので、以下の内容を読むにあたって参考にしてください。 観光2日目に(降雨の予報があったのですが)レンタカーで出発して暫くするとスコールのような雨。最初に「ヤクスギランド」へ行こうとしたのですが、方針変更して先に滝巡りをしました。 「千尋の滝」を目指す途中に「竜神の滝」があります(こちら)。樹木がうっそうとしているので、「千尋橋」(観光ルート2日…

続きを読む