NASAで開発中の超大型ロケット用燃料タンクの限界破壊試験

米国NASAのこちらの記事によると、開発中の超大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(Space Launch System、SLS)」で使う燃料タンクの限界を確認する破壊試験を実施しました。 実際に使用予定の仕様と同じものに対して、結果はこちらの様に上部から裂けるように破裂しました。 限界試験では打上げ時の8分ぐらいの間に生じる設計圧力負荷値に対して、2.6倍の圧力に5時間耐え、破…

続きを読む

JAXAとトヨタが月面有人与圧ローバーの研究・開発で協業の検討

JAXAのこちらのニュースリリースによると、JAXAとトヨタが月面で宇宙飛行士を搬送するローバー(Rover)の研究・開発で協業の可能性を検討していく事になりました。 初期検討でのイメージ動画がこちら。 現状の検討段階で有人の与圧ローバーはこちらの大きさ。 「与圧」なので宇宙飛行士は車内では宇宙服を脱げる。 月面の探査は下図の5か所の領域(赤長方形囲み)を想定しています。…

続きを読む

JAXAと米国NASAが、月及び月以遠の宇宙探査で協力を確認

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米国航空宇宙局(NASA)が、月および月以遠の宇宙探査について協力していく事を確認しました(こちらの「2018年9月7日 更新」)。月以遠の宇宙探査は今後の話しですが、月探査についてもう少し具体的なイメージは、こちらの産経記事でまとめています。1つは米国が2020年代に開始する月周回基地「深宇宙探査ゲートウェイ(Lunar Orbital Plat…

続きを読む

米国NASAが月の極に氷の存在を直接観測と発表

米国NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)のこちらの記事によると、月の南極と北極の表面に固体氷が存在する事を観測データで確認しました。日本の科学者なども間接的な証拠で可能性を示していました。こちらの画像(左:南極、右:北極)で、点在する青色は確認した氷の位置、グレースケールは表面温度(黒い部分は低温)に対応します。氷の大部分は極のクレーターの陰にあ…

続きを読む

月に向かうロケットから小型衛星を深宇宙に向けて放出する計画

米国NASAのニュース・リリースによると、2018年にスペース・ローンチ・システム(Space Launch System)で無人でのオリオン(Orion spacecraft)を打ち上げる際に、第2のペイロードとして多数の小型人工衛星(CubeSat)を搭載すると発表しました。NASA Space Launch System’s First Flight to Send Small Sci-T…

続きを読む