ポルトガル紀行2018(24) - サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂【改訂】


第5日目の「サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂(Santiago de Compostela Cathedral)」では、「南ファサード(South façade、Façade das Pratarías)」(こちら)から入堂しました。



こちらの案内を掲示していました。




早速入って撮った所がこちら




有名な大香炉もありました(こちら)。


大香炉で巡礼者を清めるという「ボタフメイロ(Botafumeiro)」は特別な時だけ。こちらにYoutubeから借用した動画を掲載しておきます。




祭壇はこちら



祭られているのは「聖ヤコブ(James、Santiago el Mayor[スペイン語])」で、

"伝説によれば、イエスの十二使徒の一人聖ヤコブがエルサレムで殉教したあと、その遺骸はガリシアまで運ばれて埋葬されたとされる。813年、現在のサンティアゴ・デ・コンポステーラで、隠者ペラギウスは天使のお告げによりヤコブの墓があることを知らされ、星の光に導かれて司教と信者がヤコブの墓を発見したとされる。これを記念して墓の上に大聖堂が建てられた。"(Wikipedia)

という事です。



祭壇の横には幅の狭い降り口と登り階段があり(こちらを参照)、墓所と「聖ヤコブ」像に背後から触れる場所へ行けました(何れも撮影禁止)。




「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」での観光ポイントをこちらに掲載しておきます(要ズームイン)。

[削除]



この日は前日と同じポルト近郊の「エスピーニョ(Espinho)」に戻り、第6日目に「フランシスコ・サ・カルネイロ空港(Porto Airport、Francisco Sá Carneiro Airport、Aeroporto Francisco Sá Carneiro[ポルトガル語])」から出国し、パリ経由で帰国しました。



【改訂】 2019年10月19日 02:00 Google地図の削除


 

"ポルトガル紀行2018(24) - サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂【改訂】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。