ベクター画像作成ツール(8) 「Gravit Designer」(5)


今回は「Gravit Designer」のレイヤーとエレメント(アイテム)の結合・グループ化などです。新規キャンパスでページを始めます(こちら)。



そこに図形やライブラリーからのエレメントを取り込みます(こちらこちら)。





更にPC上の画像を取り込んだ状態で左フレームのレイヤータブを見ると、夫々のエレメントが一覧になっているのが分かります(こちら)。




さて、ワイングラスを持つエレメント「drink」を星型図形に被せるように移動し、サイズ調整をした上で、レイヤーの対応アイテムを星型図形の上にドラッグ&ドロップしてみます(こちら)。



「drink」は星型図形内に収まるようカットされ、レイヤーにある多角形のアイテムの「▶」をクリクすると階層化されています(こちら)。



階層化した多角形を移送すると、「drink」も一緒に移動します(こちら)。




次に、新幹線の画像エレメントを長方形に重ね、マウスのドラッグで長方形と新幹線画像を選択して「アイテムのグループ化」できます(こちら)。



この場合もグループとして移動できますし、左フレームのレイヤーでは新たなグループアイテムの下位層に長方形と画像が位置付けられています(こちら)。



このグループの中で特に長方形を選択し、長方形だけの変形もできます(こちら)。

"ベクター画像作成ツール(8) 「Gravit Designer」(5)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。