「Microsoft Edge 89」安定版が公開、垂直タブバーを使ってみる


こちらのWindows公式ブログによると、Microsoft Edgeの最新バージョン 89で、垂直タブバーの導入と履歴の簡略表示を公開しました(履歴の簡略表示は既にバージョン 88で使えていてこちらを参照)。



最新バージョン 89ではタブ名表示の最左端に垂直タブバー設定のアイコンが新設されました(こちら)。




垂直タブバー設定のアイコンをクリックするとこちらの様に垂直バーにアイコンだけを表示します。



マウスを垂直タブバー上にもって行くとこちらの様にタブ内容のテキストを展開表示します。ピンで常に展開しておく事もできます。




垂直タブバーを使うと、それまでタブ名などを表示していた行には、上掲の様にWindows 8.1では何も示されません。但し、Windows 10(実際は10Sですが・・・)ではWebサイト名を表示します(こちら)。



折角、他の対策でWebページの内容表示領域の拡大を図ろうとしているので、技術問題もあるかも知れませんが課題として残ります。



勿論、垂直タブバーからの単一タブ離脱及び離脱したタブだけ垂直タブバーを外すといった事もできます(こちら)。



垂直タブを外したタブを垂直タブバーの中に戻す、垂直タブ内でのタブ順序変更なども確認できました。

"「Microsoft Edge 89」安定版が公開、垂直タブバーを使ってみる"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。