ベクター画像作成ツール(12) 「Gravit Designer」(9)


前回利用したパブリック・ドメインで使える「Scalable Vector Graphics」を公開しているサイトでは、FORMAT=SVG以外にも、HORMAT=EPSの画像も公開しています。




EPS(Encapsulated PostScript)形式はAdobe System社が開発したもので、同社のアプリなどで保存ファイルとして使われています。歴史的な経緯から良い画像が揃っています。


「Gravit Designer」から直接読込む事ができませんので、EPS形式の画像ファイルをSVG形式に変換します。変換するフリーソフトは幾つかありますが、ここではWebサービスのファイルコンバーター「Convertio」を使います。




選択したEPS形式の画像ファイル(ラクダとピラミッド風景)がこちらこちら






「Convertio」で2つのファイルを指定し、EPS形式への変換を指定します(こちら)。



変換を指示すると暫くして完了します(こちら)。




ダウンロードした圧縮ファイルを展開して、「Gravit Designer」に読込んだ所がこちら

"ベクター画像作成ツール(12) 「Gravit Designer」(9)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。