立体錯視アートの自主講座


明治大学の杉原厚吉特任教授が、"外出自粛で退屈している人のための自主講座"として立体錯視アートの解説をしています。立体錯視ではこちらのアート作品が「the Best Illusion of the Year Contest 2015」の2位を獲得しています。




この作品の種明かしはこちらによると、こちらの様に(鏡を傾ける事によって生じる)異なる2つの角度で、見え方が違うような変形立体を作る事です。


実際に、こちらを回転してみたこちらこちらをご覧ください。

杉原厚吉_立体錯視アート_151_s.jpg


杉原厚吉_立体錯視アート_152_s.jpg


杉原厚吉_立体錯視アート_153_s.jpg



さて、立体錯視アートに興味が沸きましたら、こちらの自主講座「立体錯視の世界」の第1回からご覧ください(現時点で第24回まであります)。

"立体錯視アートの自主講座"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。